×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴッホ プリハード世界の絵画名品選グッズ・コレクション コレクション

HOME >> グッズ・コレクション  > コレクション

ゴッホ プリハード世界の絵画名品選 グッズ・コレクション

ゴッホ プリハード世界の絵画名品選画像
カテゴリー
グッズ・コレクション  > コレクション
商品名
ゴッホ プリハード世界の絵画名品選
商品ID
72916-49087
商品説明
燃え上がるような色彩と情熱的な画風。日本人を魅了してやまないフィンセント・ファン・ゴッホは、日本の浮世絵から強い影響を受けた画家としても有名です。孤独、天才、狂気という言葉で語られ、生涯にたったの1枚の絵しか売れなかったゴッホですが、その激しいタッチのなかに彼でしか表現のできないメッセージが秘められているのです。牧師の子としてオランダに生まれたゴッホは、16歳の時にロンドンの画商の店員として働きはじめます。しかしその後に伝導師になるべく努力をしたものの断念。ベルギーで美術学校に入学し、1886年パリで画商の店に勤めていた弟テオのもとへと向かいます。ここで、ロートレックやベルナール、ゴーギャン、そして日本の浮世絵と出会い、大きな影響を受けたのです。このパリ時代、ゴッホは日本への賛美や日本に行きたいという内容を手紙に残しています。そして”日本の画家のように”共同生活をすることを夢に見て、1888年に南フランスのアルルに移住。そこは明るい光が満ち、思い描いていた日本とよく似ていたのです。ここでゴッホは、躍動する色彩によって独自の画風を展開させます。生きることが絵の中に凝縮され、絵を描くことで自分を解放し、制作に没頭したのです。そしてゴーギャンとの共同生活と「耳切り事件」。 その後はアルル近郊のサン・レミへと移り、入退院を繰り返し、療養生活を強いられます。そこでゴッホは自分の内面の姿を表わす傾向を強くしていったのです。しかし1890年、37年の生涯を自らの手で閉じてしまいます。やがてこのゴッホ独自の表現法は、20世紀に活躍する多くの画家たちに多大な影響を及ぼすこととなったのです。 ゴッホの原風景に迫る「ゴッホ展」が3月から東京国立近代美術館にて開催されています。東京は5月22日までですが、その後大阪、名古屋を巡回。半世紀ぶりに日本で公開される「夜のカフェテラス」をはじめ、孤高の画家の名作が展示されます。今回はそのゴッホ展でも出会える代表作4点をご紹介いたします。

提携販売店
夢隊WEB
価格(税込)
73500円


ゴッホ プリハード世界の絵画名品選を購入

人気NO.1のカードローンはコレ!